ORCAの試験運用状況

ORCA公式サイト

ORCAの開発については平成13年6月現在、石川県金沢市、愛媛県松山市、島根県松江市の各3医療機関で「準試験運用」が始められています。昨日、某MLへその御一人からの情報がアップされましたので、転載許可を頂きました。
<平成13年6月13日>
1.当院はT社のレセコン使用してますが、T社の全面的協力のもと患者頭書き、薬剤などの移行問題なく移行できました。他のS社、F社などからの移行はまだ目途がたってません。ですから、試験用などに参加される医療機関は、T社のレセコン使用機関が最良と思います。S社、F社、N社はなにを怯えているのか分かりませんが、馬鹿にしてるのか? でも、これからオイオイ態度がわかると思います。まあ、おそらく2社ともできるもんかと思ってるでしょう・・・残念でした・・・できます。

2.ご承知のようにLINUXはUNIX系ですので、UNIXの癖などがあります。日頃お使いのWINDOWSとは、ちょとキー操作に違いがありますまた、今回マウスの使用を出来るだけ排除してます。つまり出来るだけ、キーボード操作で完結できるようにしてます。ええ〜、時代遅れと思うかもしれませんが、現状のレセコンの入力をみても、そんなにマウスを使ってませんので、事務のお姉さん方にはそれほど違和感ないと思います。でも、UNIX系ですので半角入力が基本となり(レセコンはほとんど全角)、半角、全角変換のところなどに、慣れが必要かと思います。

3.漢字入力について: LINUXで標準についているCANNAを使ってます。一太郎、ワードほどお利口ではありませんが、MACの「ことえり」といい勝負してます。患者頭書きがほとんど出来たことは、cannnaも捨てた物でないなと思ってます

4.5月中旬にORCAが来た時は、もう驚天動地、冷や汗だらだら。いきなりハンマーもって壊したくなりました。使いにくい、画面は汚い、順調に入力出来ない。あ〜あ。どうなる事やら・・・。準試験運用など出来る状況にありませんでした。最初にに見た金沢や松山の先生方は、日医をさぞ、うらんだ事だと思います。私、ベンダーをつかまえて、一言「おい、これハンマーで壊すか、日本海に沈めていい?」と、その日から悪戦苦闘の日々でした(今日もですが・・)。まず薬剤入力の錠数と日数の入力方法の改善に2週間かかりましたが、何とか改善できました。その使い心地は賛否あると思います。でも、それほどストレスない筈です。薬剤・診療情報入力などは、自院コード番号での入力が基本です。これが最も早い。これにもっとも拘りました。「厚生省コードの入力など8桁で出来るか、ばか」などといい、自院コード4桁での入力が可能となってます。薬剤検索で、あいうえお検索、これは意外と優れものです。/ enterであいうえお検索に入り、頭2文字でリストが出ますので、そこから選ぶ。これは優れもの。あと、通常のレセコンである短縮入力や頭二文字でも検索も可能ですが、全角入力のあと半角で錠数日数入力の切り替えが必要で、慣れが必要。ですから、あいうえお検索画面をお薦めします。

5.生化学など検査入力は、特に生化1.2などでの5項目以上の丸めの扱いなどで、一波波乱ありましたが、解決してます。まあ、事務のお姉さんに、項目が生化1か2かの仕分けを頭に入れて頂いてれば、スイスイです。5項目以下は当然単品での表示します。判断料は自動で入ります。いわゆる2号紙の升目に点数記入などに不自由掛けることは無くなりました。もっとも表示画面が美しくなく、まだ改良中です。8月にはもっと美人になってると思います。検査は、セットで組んでおかれた方が、当然断然便利です。生化もですが、画像診断などは特にです。納入される際ベンダーにセット表など渡しておけば、作ってくれると思います。まあ自分で作っても、大したことありませんが・・・

6.点滴の500ml以下、以上など、またアンプル限定ですが、残量廃棄も可能です。残量廃棄を瓶まで広げるか否か、試験運用中の意見を聞いてやって貰おうかなと思ってますが、アンプル以外の使用頻度はそんなに無いと思いますから、先送り中。じつは、残量廃棄は今日出来ました

7.DO照会なども可能です。薬剤に関しては、デフォルトで前回処方を出す出さないの設定でいずれも可能です。

8.現在、病名入力について改変中ですす。これがうまくゆけば・・・病名は3万個近く、薬剤は現在薬価基準掲載品目すべて入ってます。病名をどう切り込んでゆくか。悩んでます。私は、じほう社などで発売中の「薬価薬効リスト」に載ってる物で十分と思ってますが、なかなか議論があるようで難しいです。

今日までのところ、ここまできました。一月でここまで改良できるとは思いませんでした。やっと。これで入力については準試験運用に入れると思います。よって全国の試験運用は8月からと思います。


<平成13年6月22日着信分)
前編
 島根県松江市でのORCAの状況ですが、今週は特に変化なく、「Yちゃんspecialーsummer version」で田舎娘を化粧することになり一安心。(レセコンとは思えないような学者肌の画面でした。事務のおねーさんには評判が悪そうでした。)
先日、日医総研からのメールで、9月にはクライムでの電子カルテを熊本大学など中心のプロジェクトでオルカに掲載するので、この時期、遅れると熊本、宮崎、愛媛のプロジェクトに支障が出る、などの話が入り、サー大変。
 今後、2週間くらいで、S社風画面作りなど従来の画面作りを改変作業に入ることになりました。7月の準試験運用には、現状で乗り切り、8月の本試験運用では、何とか商用レベルまで引き上げないといけなくなってきました。お尻に火が付き、ターボジェット噴射でもしないと・・・間に合わなくなってきたようです。来週、前半はまたバグ探しに追われそう・・・です。いい話、悪い話、悲鳴などまた流します。笑ってやってください・・・

後編
メモリーのことですが、日医標準では、SDRAM216ですが、オルカには3万近くの病名と薬価掲載の薬剤が全部掲載されており、それを検索します。DBソフトのこともあり、やっぱ512ないと動作が苦しい。「わしゃそげんいっぱい薬つかわんけん、わしんとこの独自のファイルでええが」とお思いのあなたへ、薬価などの改正の度に、その独自ファイルの為に高いお金払ってきました。ですから、あえて独自ファイルを作らずに済む方法を考えました。それが、YーSPECIALです。即ち、DOHC-Y- SPECIAL- SUMMER- VERSIONです。LINUXはCPU2個可能です。WIN9*などお使いのあなたには真似できません。WIN2000.NTお使いのあなたにはいい勝負できそう・・・。やっぱ、DOHCがSOHCより早いけんネ・・・DDR512で、もう、さくさく検索可能。独自ファイルなどいらない・・・です。
パソコンも今年の末には、現在のSDRAMは市場より消えてるでしょう・・早いことはいいことだ・・最低DDRAMでしょう・・・。よって、重いファイルの検索も、ソフトの改善の先にマシンのパワーアップで解決という・・一昔前のアメ車の感じで解決です・・・わたしは、秋に向け次期VERSIONをねってまんねん・・ふふふ・・・ぜひ、このアホなことも書いといて下さい・・・。

*ここから発信者のレポート
松江市では3名の先生が取り組んでおられます。T社のレセコンでない先生は基本データの一括転送が実施できないようで、逐一変換をされているようです。漢字変換がやはり問題のようで困っておられました。バージョンアップをしていないので動作が遅く「スローモーション画面を見ているみたい」とポツリと話されました。もう一方はまだ私のところにレポートが入ってきません。


<平成13年6月27日着信分)

ランランランです。今日久しぶりに、オルカが帰ってきました・・おじさん自慢のDOHCじゃなくベンダー仕上げですが・・・DOHCよっちゃんSPECIALはベンダーのプログラマーにこれでも使って、ソフトを改良せよと見栄張って貸せてますので・・またまた、いじりました。
以前に子供用に買っておいたパソコン工房製bookPC定価3万くらいなのにセレロン700乗せてました。それを取り上げ、最新版Redhat7.1をosとしてのせ、オルカとつないで動くかな?なんて事やってみました・・・・。もち、おじさんの知恵袋S大生N君がんばってくれました。ベンダーのお兄ちゃんなどできますよ、動きましすよ、と言ってましたが・・・あまり歓迎の趣でないので・・・またまた暴走しました・・・結果・・・順調okです。
家の中はLANケーブルはわせてますので、色々の場所で・・ふふふ・・・・動きは良好・・・サーバーとあまり違和感なし。
winとちがって、OSのみでクライアントにオルカのソフトなど入れずに見れて、データーの書き換え等も良好。ストレスなし。これなら、何台増やしても、OSやソフト代金いらない・・・安めのPCがあればOKですね。
時代遅れの機器がよみがえる・・あまり古くても駄目ですが・・・・合法的に増やせます。やった〜・・・それがなんになると言われればそれまでですが、今までのレセコンなどで一台増やすごとにウン十万なんて世界とはおさばらです。少なくとも、液晶の画面付きで10万きって増設可能なのです。しかも、デビアンなんて扱いにくい者でなく、redhatおそらくturblinuxでもkondara,laserでも可能でしょう。
あとは、linux大好きな大学生のおにいちゃんでもいれば鬼に金棒。かなり勉強すれば、自分で可能・・・パソコンマニアのかた・・・ふふふ・・・です。
これで、ハード面の目安が出来ましたので、明日からは、内容面の改善にもう一踏ん張りです・・・あーあ疲れた・・・。