災害対策医療救急箱

平成12年7月上旬、大きなアルミの箱が届き、ビックリ。(@_@)
地区医師会の各理事が夫々1個ずつ、これを自院に置いておき、災害時には指定された避難場所までゴロゴロ引っ張っていく、ということだそうですが、ノート型パソコンだって置く場所がない、と言っている都心で御開業の先生方は、一体、どこに置いておくんでしょうねえ。(^_^;)


箱の中身は一体、何が入っているんだろう、と興味のある方は、こちら
但し、スキャナーをまだ持っていない私としては、矢張りデジカメ写真で載せてありますので、ちょっと重いですよ。(^_^;)

ついでに、例年9月には銀座で中央区主催の防災訓練があり、ウチの医師会からも人手が出るのですが、平成12年の9月3日は東京都の主催で大々的開催され、都医が大きな専用トラックで華々しく乗りつけました。下記の都のサイトに、「ビックレスキュー東京2000〜首都を救え」も載っています。

http://www.koho.metro.tokyo.jp/bn/8/kiji/2.htm