インターネットを利用した病診連携の例
  1. 電子メールにGFS画像を添付して紹介
  2. 注腸のデジカメ画像をサイトにアップして紹介
  3. EKGのデジカメ画像をサイトにアップして紹介
  4. より良い紹介先の相談
    1. 患者さんから相談を受けて
    2. 地方の開業医からの相談
  5. 紹介入院の為の準備
  6. 治療を巡るトラブル解決へ向けて


インデックスヘ

● 悪性胃ポリープ症例の入院加療紹介
(200*/10/25, 18:17、開業医
I先生、こんばんは。A@A医院です。
 平成○年、貴院にて心疾患の精査をして頂いた男性(Y.I.さん、S4生)ですが、胃ポリープの経過を見る為、今月**日、GFSを施行したところ、添付画像の奥側のポリープの表面がやや不整となっており、生検したところ、well diff. adenoca., Group-V、EMRが可能かどうか検討を、との結果でした。貴院の一般外科外来は○曜日に先生の枠がありましたので、患者さんに受診して頂く予定です。宜しくお願い致します。

(200*/10/27, 6:20、病院担当医)
お返事が遅くなり,申し訳ございません。昨日まで,日本胸部外科学会へ出席していた為,遅くなりました。さて,本日の午前中の外来にて,診療させて頂きます。 I 拝
(200*/10/28, 5:43、病院担当医)
この度は,御紹介有り難うございました。*日午後にEMRを予定致しました。 I 拝

(200*/11/16, 5:10、病院担当医)
A先生へ S病院外科 K.I.です。
 本日,EMR後,退院され,Iさんが初回外来にお見えになりました。 お手紙の通り,深達度が問題となります。非常に厳しい見方をすれば,リンパ節転移陽性率20%です。ただ,杓子定規に考えていいかというと,こればかりは,どうともいえません。来週○曜日に,再度,ご本人と一緒に考えたいと思います。


(TOPへ)

● 大腸腫瘤症例の入院加療紹介:2症例
(200*/7/23, 16:04、開業医)
A@A医院です。
 今朝、DDLを施行した女性の写真を右にアップしました。http://www.cminc.ne.jp/renkei/gancenter.htm
 初めてのIDAと便潜血陽性を認めましたので、どうも、ここに悪性腫瘍がありそうです。本人も貴院への受診を希望されていますので、どちらの外来を受診させたら宜しいでしょうか。御指示の程をお願い致します。

(200*/7/23,17/23、病院連携医)
明日Aの外来へ紹介して下さい。外科の専門医へ紹介します。来られたら 一言、外来看護婦へ「A先生からの紹介患者です」とお伝え下さい。
(200*/6/1, 14:34, 開業医)
N先生、こんにちは。A@A医院です。
 平成○年に卵巣嚢腫の疑いで貴院婦人科へ紹介、平成○年に手術をして頂き、その後、同科でもフォローして頂いている女性です(E.I.さん、貴院ID:****)。本年○月の検便で潜血陽性でしたので、先月末にDDLを施行したところ、回盲部に不整な腫瘤を認めました。http://www.cminc.ne.jp/renkei/seiroka.htm
 現在、貴院での担当医はK先生と伺いましたが、アドレスが判りませんし、今回はCFSの依頼ですので、御高配の程を宜しくお願い致します。

(200*/6/2, 15:33, 病院連携医)
メール有り難うございます。昨日は午後から出張しており、お返事遅くなりました。 写真は、こちらでも十分参照可能でした。外科のD先生(火、金)外来に、内視鏡精査も含めてお願いしたいと存じます。よろしくお願い申し上げます。

(TOPへ)

● 腹部腫瘤症例の紹介入院の為の準備
(200*/5/7 15:30、開業医)
A先生、こんにちは。A@A医院です。
 平成○年にS病院で慢性C型肝炎と診断、IF加療の既往がある患者さんです。平成○年9月以降、来院されていませんでしたが、本日、食後に強い胃痛を主訴に来院されました。腹部USGで肝門部に腫瘤を認め、同CTでは添付画像の如く膵頭部腫瘤か、と思われます。本日採血し、明後日、一応、GFSの予定、としましたが、先ずは先生の外来を受診させ、適切な御対処をお願いしたい、と思ってメールを差し上げました。
 何日の何時頃、先生の外来を受診させれば宜しいでしょうか。また、GFSを貴院で、とのことでしたら、9日の当院GFSは中止と致します。御指示をお待ちしております。
(200*/5/7, 15:37、病院連携医)
**日の外来へ紹介下さい。 当院の内視鏡は混んでおりますので、貴院で検査下さい。よろしくお願いします。I.A.拝

(200*/5/7, 16:13、開業医)
A先生。A@A医院です。
 了解しました。では、9日にGFSを行ない、また、本日の採血結果、腹部CTの写真を持たせて、**日の先生の外来を受診させますので、宜しくお願い致します。

(200*/5/7, 16:17、病院連携医)
了解しました。ありがとうございます。後日詳細連絡します。I.A.拝

(200*/5/8, 10/17、開業医)
Nさん、こんにちは。A@A医院です。
 昨日、あちらの病院のA先生とメールで連絡をとりましたところ、「胃内視鏡検査は貴院で済ませ、**日の外来においで下さい」とのことでした。恐らく採血の結果が10日の午後には全て出揃うと思いますので、それらと諸検査の結果を併せて、紹介状を作成、**日にあちらを受診して頂ければ、と思います。では、明朝8時20分にお待ちしております。

(200*/5/8, 12:32、患者さん)
A先生 大変お手数お掛けいたします。了解いたしました。明朝お伺いいたします。Y.N.拝

(200*/5/15, 09:58、患者さん)
A先生 この度は大変お手数お掛けいたしました。小生の近況下記の如く報告申し上げます
昨日、G病院へ出向きました。 用件は**日、同所でCT検査を行い,この結果の確認と今後の対策です。1)担当:S先生(肝,胆,膵)、2)結果:小生の腫瘍は肝臓か膵臓かまだ確定出来ない。3) 対策:本来であれば,G病院で検査入院であるが,非常に患者の待ちがあり,H病院で検査入院する事になりました。4)入院日:*月**日〜(3〜4日)、5)検査:カテーテル検査。同結果を持って*月**日、G病院でS先生と面談する事になっています。
以上簡単ですが連絡させて頂きます。 Y.N.拝

(200*/5/15, 10:45、開業医)
Nさん、こんにちは。A@A医院です。
 H病院に検査入院とのこと、ちと、向こうですが、腫瘤の由来が判らないので、早めに的確な診断をして貰って、次のステップへ速やかに、と思います。いろいろと大変でしょうが、医療でもこの分野の進歩には本当に目覚しいものがありますので、是非、前向きにお願い致します。何かありましたら、いつでもメールをお送り下さい。


(TOPへ)

● 心臓精査について問い合わせ
(200*/1/31, 16:30、開業医)
N先生、こんにちは。A@A医院です。
 今月、ずっと高血圧症で通院していたが、閉院してしまったので診て欲しい、と来院されたYさん(S16/7/22,男性)という方なのですが、前医では*****を処方されていた、とのことで、これは中止、自宅血圧は120/70mmHg台で安定しております。
 この方、WPWがあり80年頃に頻脈発作で救急へ担ぎ込まれたこともあるようなのですが、その後は発作なし・・・HbA1c=6.8の糖尿病があるので食事・運動療法を、と思うのですが、WPWについては御精査頂く必要がありますでしょうか(EKGは下記サイトです)。御多忙中、申し訳ありませんが、御教示頂ければ幸いです。 http://www.cminc.ne.jp/renkei/saiseikai.htm

(200*/2/1, 18:12、病院専門医)
 心電図拝見しました。全ての誘導がないので何とも言えませんが、V1で・・(略)・・と考えられます。1980年頃を最後に頻脈発作はないようですが、一般的には・・(略)・・の2点が管理のポイントとなります。前者は・・(略)・・が可能です。
 ただし、今全く症状がなければ、このまま何もせずに様子を見るのも一法です。頻脈時の使用薬剤・・(略)・・可能です。宜しくお願いいたします。  なお、糖尿病治療に関する問題は何もなく、使用薬剤の制限もないと思います。 S.N. 循環器センター内科


(TOPへ)

● 頚部腫瘤の紹介先について
(200*/2/2、16:46、開業医)
A先生、こんにちは。A@A医院です。
 本日、初診で来られたS21生の女性から、「先月*日にJ医大で約3cmの頚部腫瘤の摘出術を受け・・・(途中略)・・・G病院の方が良いのではないか、検査も早くして頂けるのではないか」との質問を受けました。
 本人は悪性腫瘍ですから、矢張り、G病院、と考えておられるようです。御意見を伺えれば幸いです。

(200*/2/2、19:46、A病院連携医)
 肉腫に関しては、発生部位が整形領域でしたら、整形外科となります。頭頸部なら、頭頸科となります。この場合は頭頸部でしょうかね?その他部位に関しては、腫瘍内科で治療する事となっておりましたが、専門医師が昨年10月に他の施設に転任され、以降後任がおりません。
 整形なら連日外来(午前11時まで来院)に担当医師が出ております。頭頸部では月、水、金の午前中となります。肉腫に対する化学療法の経験は、整形が豊富です。

(200*/2/3、0:39、開業医)
A先生、こんばんは。A@A医院です。
 早速のレスを有り難うございました。頚部の約3cmの腫瘤を摘除した、とありましたので、頭頚科でしょうか。肉腫の経験は整形、とのことですが、貴院ではお互いの連携がスムースだったような・・・ということは、頭頚科でもベストの化学療法をして頂けるのではないか、と思うのですが、如何でしょう。

(200*/2/3、12:07、A病院連携医)
当院は整形も頭頸部もベットが予約でいっぱいで、対応できないとのことです。 市にH病院があり、そこに化学療法科があります。担当医長はS先生が居ります。一度相談されては如何でしょうか? tel:*****、FAX:*****です。

(200*/2/4、13:53、B病院担当医)
先ほどは電話にて失礼いたしました。先生が書かれました要点で結構です。患者さんとご相談ください。小生の外来日は月・水です。  H病院化学療法科 S.拝


(TOPへ)

● 手術不成功例への対応
(200*/9/26,13:56、開業医)
C先生、こんにちは。A@A医院です。
 今年の○月初旬、先生にお願いしてOS病院から貴院へ転院、○○癌の診断でK先生に執刀して頂いたI氏ですが、昨夜、義兄のB氏より相談の電話がありました。それによれば、病理は○○で退院後に再発、・・・(途中略)・・・誠意ある釈明が無い侭、退院を迫られるのは納得できない、とのことで、I氏の気持ちは一般的に考えれば判るように思います。御多忙中、誠に申し訳ありませんが、事の経緯を先生に御判断頂き、I氏のワダカマリを解いて頂けませんでしょうか。
 一応、私から、貴院は医療の最先端を進むべき使命があり、最新の研究・治療・教育に全精力を傾ける以上、今のスタッフ数ではとてもカバーし切れぬ部分もある、という話はしてあります。宜しくお願い致します。

(200*/9/26,16:25、病院連携医)
本日或る委員会に出掛けており、ただ今、帰院したところです。患者側からすれば、納得できない点が募り、医療不信となっているようです。時間を作って本人へお会いして事情を聞いてきます。また現在担当のU医師にも状況を聞いておきます。 しかし、病状は厳しく、今後は、緩和医療しか残っていないように思われます。

(200*/9/27, 19:02、病院連携医)
 Iさんに本日9時頃お会いして、 本人の納得できない点に関してお話を聞きました。1)退院後に7月外来を受診した折、体調が悪かったのにUSGなどで確認して・・・、2) 再発後の化学療法後のCTでPDとなり、肝機能も悪化し・・・説明が不十分で、納得できないこと。 などでした。
 忙しい担当医の説明不足と不用意な発言が主な原因でした。治療結果が悪い方向に向かったことへのご本人の「怒りが」根底にありますが、当院医師の対応にも問題があったと考えられます。l診療自体には大きな間違いはなったと判断されます。今後本人に度々お会いして、説明して行きたいと存じます。

(200*/10/1.18:35、患者さんの義兄)
C先生へ。Bです。
 先日は電話で失礼致しました。
 私の義弟Iの件で、お忙しい中、迅速に対応して頂き有り難うございました。
 生きることへの可能性に関する問題でしたので、患者本人としてもK先生の治療と内科の対応について、若干の疑問を持っていたようです。しかし、A先生の判り易いお話で、本人も自分の病状と貴院の治療方針を理解したようです。
 また28日にはC先生の考えはA先生から伺いました。重ねて御礼申し上げます。


(TOPへ)

● ○○症の治療について
(200*/6/28, 22:04, 地方開業医)
A先生、こんにちは。O@Oクリニックです。
 私の友人(○歳男、東京在住)から相談をうけ、その友人がひょんなことから当地で治療をうけることになり、S病院ーM病院(腎臓内科)ーN病院(泌尿器科)という経過で現在も入院中です。最終的に○○症と診断されたのですが…、症状は両側の尿管の閉塞、といっても尿量はそこそこ出ていたので腎後性腎不全になり、泌尿器科にたどりつきました。CT等では悪性新生物を考えるような所見はないとのことです。
  ○○症は稀な疾患と思いますが、以下の点についてご経験なり御存じのことがあれば教えてください。1) ○○症の予後:どの程度の割合で再び尿管が通るようになるか、・・・2)現在、両側の腎ロウを作成し****内服の治療を行って3週間ですが、文献によれば・・・。 東京でこのような患者の管理・治療を得意とする病院、大学、医師がありましたら教えてください。

(200*/6/29, 9/48, 都内開業医)

M先生、こんにちは。A@A医院です。
 御無沙汰しております。この度、下記ような相談を○○県の内科開業医より受けました。確かM先生は腎疾患には非常にお詳しいとのこと、下記症例を先生に御紹介することの是非につき、御教示頂ければ幸いです。或いはどなたか別に紹介すべきでしたら、御教示願えませんでしょうか。

(200*/6/29, 10:26、病院専門科医)
拝復  ○○症はidiopathic(すなわち原因不明)のものと二次性なものとあります。二次性のもので多いのは膠原病、特にSLEです(参考文献:川嶋道子他:リウマチ科 23:406、1999)。いずれにせよ、治療法と・・・(略)・・・は起こり得ます。
 右、取り急ぎお返事まで  敬具 M.

(200*/6/29, 12:11、病院専門科医)
拝々復  先程、下記のようなメールをお送りしましたが、良い足りなかった点があるので、再度、メールいたします。原発性で、しかもすでにirreversibleとなってしまった症例は泌尿器科で扱いますが、内科的疾患が関与している可能性がある場合は内科で精査が必要です。下記にお示しした論文は私のところの自験例ですので、我々のところでも精査は可能です。M.

(200*/6/29, 14:59, 都内開業医)
M先生、こんにちは。A@A医院です。
 早速、O先生へ伝えさせて頂きましたところ、「膠原病の可能性はN病院でも検討したようですが、今のところそれを疑わせる検査成績などはなく、primary という判断のようです」との返事がありました。尚、この症例はO先生の親しい友人であり、また、自宅は東京、とのことで、もし、同先生より紹介メールがありましたら、宜しくお願い致します。
 先程、先生の教室のHPを拝見、先生の御尊顔も拝して、頂いたメールをとても身近に感じました。超御多忙の先生のお邪魔をせぬよう、出来るだけ注意致しますが、今後とも宜しくお願い致します。

(200*/6/29, 15:11、病院専門科医)
拝復  了解いたしました。何か当方でできることがあればご連絡下さい。敬具 M.

(200*/7/4, 13:11, 病院専門科医)
  O先生が医師会に出席中とのことで、彼の携帯に電話したのですが留守電にこちらに電話してくれるようメッセージを入れる事しかできませんでした。まだ、応答がありません。
  当大学の泌尿器科K教授が「直接お話しを聞いて対応できれば喜んで対応します」と言ってくれています(メールの内容では良く判らない点があるそうです)。K教授(03-****** 教授室直通、大学代表03-*****)又は私の部屋(03-*****)に電話をして貰えるよう、ご連絡取れないでしょうか。  敬具 M.

(200*/7/4, 23:12, 地方開業医)
M先生、本日はお電話でご教示ありがとうございました。
 K先生にはあの後、直ぐにお電話させて頂き、具体的に相談にのって頂きました。患者さん本人は早ければ来週にもN病院を退院になる予定なので、東京に帰り次第、M先生あるいはK先生の外来を受診するように話しました。本人も、積極的な治療を望んでいますので、なにとぞよろしくお願い致します。


(TOPへ)