症例紹介のページ

電子メールによる病診連携の試み



症例1.
○○先生、こんばんは。□□です。

平成5年に貴院にて nonobstructive HCMと御高診頂いた男性(Y.I.さん、S4生)ですが、胃ポリープの経過を見る為、今月19日のGFSを施行したところ、添付画像の奥側のポリープの表面がやや不整となっており、生検したところ、「well diff. adenoca., Group-V、EMRが可能かどうか検討下さい」との結果でした。貴院の一般外科外来は金曜日に先生の枠がありましたので、患者さんに受診して頂く予定です。宜しくお願い致します。

<二日後のレス>
お返事が遅くなり,申し訳ございませんです.昨日まで,日本胸部外科学会へ出席していたため,遅くなりました.さて,本日の午前中の外来にて,診療させていただきます.いつも,色々と有り難うございます. ○○ 拝
<三日後のレス>
この度は,御紹介有り難うございました.11月6日月曜日午後にEMRを予定いたしました.いつも,非常に早期での発見をしていただき,大変,驚いております. ○○ 拝

添付した胃内視鏡の画像


症例2.
○○先生、こんにちは。□□です。

平成8年に卵巣嚢腫の疑いで貴院婦人科へ紹介、平成10年に手術をして頂き、その後、同科でもフォローして頂いている女性です(E.I.さん、貴院ID:******、当院No.****)。

本年4月の検便で潜血陽性でしたので、5月30日にDDLを施行したところ、回盲部に不整な腫瘤を認めました。

現在、貴院での担当医は□□先生と伺いましたが、アドレスが判りませんし、今回はCFSの依頼ですので、御高配の程を宜しくお願い致します。
<翌日頂いたレス>
メール有り難うございます。昨日は午後から出張しており、お返事遅くなりました。写真は、こちらでも十分参照可能でした。外科の○○先生(火、金)外来に、内視鏡精査も含めてお願いしたいと存じます。よろしくお願い申し上げます。 ○○ 拝

添付した注腸のデジカメ画像


症例3.
○○先生、こんにちは。□□です。

昨年8月、貴院にて肺癌の手術をして頂いたM.Y.さんという男性ですが(貴院ID.*****)、先月6日、微熱、咳、痰があると来院、11日より○○○を3日分処方、今月11日に再来されて症状同様とのことで、胸部CTを撮り、同剤を4日分処方しました。胸部CTでは術後以外に異常所見を認めぬように思いますが、この時の採血は下記の通りで、腹部USGを施行したところ、肝内に大きな腫瘤を二つ、腹部CTでも同様の所見を得ました。尚、胃の辺りもオカシイ、とのことでGFSも施行しましたが、食道から球部まで、問題はありませんでした。
01/5/11:
TB=0.3、GOT=20、GPT=32、ALP=446、LDH=327、GTP=189、T-Chole=134、CRP=10.1、Hb=10.9、WBC=9700、Plt=28.6、SCC=0.5、CEA=1.2
次回の○○先生の外来受診予定は6月とのことですが、一度、至急で御高診頂けませんでしょうか。

添付した腹部CTのデジカメ画像
<当日夕方に頂いたレス>
いつもお世話になっております.もちろん診察を早めるのはいっこうにかまいませんので,患者さんには,水,金のいずれかにいらしていただくようお話下さい.当院にても精査をいたしたいと思います.今後もよろしくお願い申し上げます.早々.  ○○ 拝


パソコン勉強会のページへ戻る